最近の投稿

Archive for the ‘未分類’ Category

財産分与の事項と税金について

離婚に伴って財産分与の問題が発生しますが、対象となる財産の算出に時間がかかる場合は、専門家に相談することが確実な方法となります。財産分与の取り決めに関しては請求期間の制限があるので、公正証書等の文書にし、弁護士等を立会人として定めるのが一般的だと言えます。財産分与の方法には、相手に金銭で払ったり、現物分与するやり方がありますが、支払いの滞り等を防止するためにも公正証書の作成が重要になるわけです。当事者間で財産分与の話し合いがつかなければ、離婚訴訟等の裁判手続きに移行することになるので、予め離婚問題に詳しい弁護士の情報を集めておくのが良いでしょう。
財産分与における贈与税に関しては、基本的に納税の義務はありません。元々は、夫婦共有の財産であったわけで、新たな取得財産とは認められいからです。同様に、不動産に関しても財産分与された不動産は、不動産取得税などが発生することは無いのが通例です。それでも、分与される財産が相場に比して、明らかに多すぎる場合には例外的に税金がかかる場合があります。そうした問題があるので、豊富な財産がある場合は、財産分与に詳しい専門家のアドバイスを受けることが望ましいわけです。

財産分与の配分方法は?

離婚に伴う財産分与の算定方法に関しては、当事者の話し合いで決められることが一番ですが、後々、対象となる財産の漏れなどが発生する場合があるので、弁護士等の専門家のアドバイスを受けることが望ましいとされます。特に、財産が複数に渡る場合、計算方法が複雑になることもあるので、出来れば事前に相談を依頼し、時間をかけて算出することも大切です。
財産分与の方法は大きく3つに分けることができます。一つ目が、不動産等の財産を引き継ぐ代わりに、相手に金銭を支払う場合。二つ目が、対象となる財産を売却して、利益を配分する場合。そして3つ目が、財産を現物分与する場合となります。一般的には、取り決めをした内容を文書にして残すことが大切です。出来れば公正証書を作成し、万が一支払いが滞った場合に対処しておくと安心できると言えます。
当事者間の話し合いで解決されない場合は、離婚訴訟などの裁判手続きに移行しますが、その場合には離婚問題に詳しい専門の弁護士に相談することが必要だと言えます。離婚時に財産分与に関して取り決めが行われていなくても、一定期間であれば、財産分与を請求する権利があるので、そのことも弁護士に相談するのがオススメだと言えます。

財産分与の対象にならない財産や相続について

一組の夫婦が離婚することになると、法的に二人の関係を整理することになります。財産分与を行う場合も、すんなりと行けばいいのですが、分ける側ももらう側もいかに自分に優位に事を運ぶかに重点を置いていますからもめやすいところです。スムーズに財産分与を行うためにはどの財産が分与の対象になって、どのようなものが対象外になるかを知ることです。財産分与の対象から法的に外れた財産を特有財産と呼びます。
財産分与の対象はあくまで婚姻期間中のものに限られますから、独身時代から貯金してきたお金や、自分で買った車などは当然対象外です。これはシンプルで分かりやすいのですが、婚姻中に増えた財産にも特有財産に認定される例外があることを覚えておかないと、本来分けなくてもいいものを与えてしまうことになるかもしれません。
婚姻期間中でも夫婦のどちらかにしか関係のない、相手がその財産を取得した時に配偶者の協力がなかったものが特有財産となります。どんなものかといいますと、例えば婚姻期間中に配偶者の親族が亡くなったことで土地や預金などの遺産を相続した場合、これが特有財産として認定されます。
ギャンブルで得た借金のような負の財産の場合は、これで生活をしていたなどの特殊な場合以外は故人が娯楽としてやったことですから、分与の対象外になります。

財産分与の対象になる財産は婚姻中の財産

財産分与のルールを知らない人が勘違いしやすいのが夫婦の財産をすべて配分できるということです。それでは独身時代に構築した財産まで持っていかれることになって不利益になってしまいますから、あくまでも対象は婚姻期間中の財産が対象になります。ただ、婚姻中に相手が親族から相続した遺産などはこれには含まれません。婚姻期間中に夫婦が協力して得た財産のみが対象です。
財産分与では婚姻中に買った車やマイホーム、マンションなども分割することになります。現金と違って単純に分けることができませんから、どうやって分配するかは個々のケースでも結果が分かれますから、当人同士ですべてまとめようとするよりも離婚問題に強い法律事務所に相談した方が迅速で公正な結果になりやすいです。
財産分与が決まった場合、その場でまとめて支払う場合とこれから長期間にわたって分割で払う場合を選択します。分割の場合は離婚成立してから支払いが滞ったというトラブルも少なくないので、できる限り一括で払ってもらう方が後々のことを考えるといいのかもしれません。相手の借金などのマイナスの財産ですが、個人で遊ぶためなどに借り入れたものであるなら分与されません。僧ではない場合は、プラスの財産から差し引いて相殺される分だけぶにょされることになります。

共有財産の範囲って?

離婚の際行われる財産分与で問題になることが多いのは共有財産の分与についてです。夫婦の共有財産とは婚姻中に協力して築いた財産のことで、家具や家など婚姻中に所有した物があたります。どちらか片方の名義になっているものでも婚姻中に協力して所有・維持していたと判断されれば共有財産です。ですので夫名義の車や妻名義の口座、生命保険、退職金なども含まれます。妻が専業主婦で無収入であった場合でも、家事育児、夫の世話など、夫が働いて収入を得る為の協力関係にあったと考えられます。婚姻前から所有していた財産は特有財産となり、分与の対象にはなりません。また婚姻中に所有したものでも、夫婦の協力なく取得したものは特有財産となります。ですので婚姻中の相続で得た金銭、不動産などは特有財産です。株取引やFX、ギャンブルなど個人の才覚で築いた財産も夫婦の協力は関係ありませんので特有財産となります。マイナスの財産についても同じ考え方で、マイホームのローンは分与の対象となりますが、個人的なギャンブルでの借金は対象にはなりません。婚姻中であったとしても別居した場合は夫婦の協力部分がなくなる為、別居中に所有したものについては共有財産にはなりません。つまり、婚姻中であること、夫婦が協力した結果であることが共有財産か否かの重要な判断基準となるのです。赤かぶ02

精神的苦痛に対しての慰謝料的財産分与

財産分与にはその性質に応じて三つに分類できます。夫婦の共有財産について、その財産を得た時の夫婦それぞれの貢献度を考慮して分け合うことを生産的財産分与と言いますが、一般的な財産分与という意味で用いられるのはこれでしょう。他にも専業主婦や病気の人など離婚後の生活の立て直しが困難な状態にある相手を扶養するための財産分与もあります。精神的な苦痛に対して相手から慰謝料としての意味合いも含んで支払われるのは慰謝料的財産分与と言います。
本来なら慰謝料と財産分与は性質が全く異なるものですから、それぞれを独立させて考えてどれくらいの琴線を勝ち取れるかが争点となりますが、結局のところどちらも金銭が求められるものですから調停の場などではこれらを合算してまとめて支払いを求める場合があります。
財産分与の割合は貢献度に応じて決まるとされてはいるものの、専業主婦であっても家事や子育てなどで貢献してきたのですからその点が考慮されますから、不利になることはありません。特殊なケースを除いては、基本は半分に分割ということになります。慰謝料や財産分与で払う金額の相場についてですが、400万円以下や200万円以下というパターンが多い傾向にあるようです。赤かぶ01

どちらかの生活を助ける扶養的財産分与

離婚するときには、結婚後に2人で築いてきた共有財産を分ける財産分与が行われますが、一方の稼ぎで生活が成り立っていた場合、離婚によって妻(夫)の生活が困窮することも少なくありません。
こうしたことを防ぐために、民法では、婚姻中に扶養していた夫(妻)が妻(夫)の生活費に相当する財産を支払うことを認める「扶養的財産分与」という仕組みが設けられています。

一般に、扶養的財産分与は、離婚の原因が扶養している夫(妻)にある場合で、なおかつ扶養されていた妻(夫)が様々な事情ですぐに自活するのが難しい状態である場合に認められます。
たとえば、結婚を機に退職して専業主婦となった妻が夫の不倫が原因で離婚する場合、高齢や病気、子どもの養育などを理由にすぐに再就職が難しく、離婚後によって収入が途絶えて生活が困窮してしまうようなときには、夫は妻が自活できるまでの間、生活支援のためのお金を扶養的財産分与として支払うことになります。
ただし、扶養する側が経済的に余裕がない場合には扶養義務が制限されるので、対象外となる場合が多いようです。

扶養的財産分与は、平均的には妻(夫)が自立できるまでの期間である2~3年分の生活費の援助額が目安となりますが、持病があってすぐには自立できない場合などにはさらに長くなる場合もあります。
支払いは毎月一定額を一定期間支払う分割型と支払額を合算してまとめて支払う一括型の2パターンがありますが、一括して支払うときには贈与税がかかるリスクもあります。

なお、扶養的財産分与は個々の事情によって適用の有無や算出額が変わってくるので、まずは信頼のおける弁護士さんに相談してみることをお勧めします。

生産的財産分与に通帳の名義は関係ない

夫婦が離婚する時は、夫婦で築いた財産を等しく分けます。これを生産的財産分与といいます。たとえ夫名義の不動産であっても、妻名義の通帳に入っている現金であっても、婚姻中に築いた財産は名義に関係なく夫婦の共有財産である、という考え方に基づき、基本的には折半となります。たとえ収入がゼロの専業主婦であっても、半分を請求することができます。夫の稼ぎは妻の支えがあってこそ、と考えられるからです。
医師やスポーツ選手など、夫の高所得が妻の貢献とはあまり関係がない場合は、夫が7、妻が3、というような分与もあり得ます。しかし現在は、よほどの事情がない限り、裁判で争いになれば生産的財産分与は半分ずつが原則です。
これとは別に、どちらかに不法行為があった場合には、相手に慰謝料を請求することができますが、財産分与に含めて一気に解決する、という方法があります。例えば夫婦で築いた財産が2000万円の不動産のみであった場合、通常であれば1000万円ずつ分けることになります。どちらかが住み続ける場合、相手に1000万円渡さなければなりません。しかし出て行く側が不法行為を犯していれば、慰謝料なしとして500万円で出て行ってもらう、ということもできます。松茸

離婚の種類と財産の正しい分け方

離婚には、四つの種類があります。
一つ目は、「協議離婚」。
離婚するかどうかを、夫婦で話し合います。
慰謝料の金額や、どちらが親権を取るかということなども、すべて話し合いで決めます。
日本においては、最も一般的な方法です。
二つ目は、「調停離婚」。
調停委員が間に入り、話し合いを行います。
場所は、家庭裁判所です。
夫婦だけでは話し合いがまとまらない場合に、行われる方法です。
三つ目は、「審判離婚」。
二つ目の方法でも話し合いがまとまらない場合に、家庭裁判所が審判して離婚させるという方法です。
ただし、当事者から異議申し立てがなされると無効になるので、あまり行われるケースはありません。
四つ目は、「裁判離婚」。
これまでの方法で話し合いがまとまらなければ、裁判を起こすことになります。
場所は、地方裁判所です。
そして、いずれの場合においても、離婚したら財産分与を行うことになります。
最も簡単なのは、協議して決めるという方法です。
どのような分け方でも、お互いが納得すれば問題ないからです。
ただし、それなりに財産がある夫婦の場合、対象となる財産をすべて把握できていなかったり、計算の仕方を誤ってしまうこともあるので、弁護士に頼むのが確実といえます。青トウガラシ

離婚と財産分与、婚姻中の財産の分け方

離婚する時に婚姻中に夫婦で築き上げた財産をそれぞれの貢献度に応じて分配することを財産分与と言います。財産分与をする時には、まず対象となる財産を確定します。対象となる財産は共同生活中に夫婦の協力のもとに築かれた財産で、独身時代や別居中に得た財産や夫婦の協力とは無関係に得た財産は含まれません。
対象となる財産が確定したら分配の割合を決めます。原則的にはお互いに2分の1ずつとなりますが、財産の形成や維持に対しての貢献度も考慮されるので必ずしも2分の1ずつとは限りません。また、当事者同士の話し合いで双方の合意があれば割合を自由に取り決めることができます。ただし、対象となる財産がたくさんある場合は算出方法も複雑になるため弁護士など専門家に依頼することが必要になるケースもあります。
財産には不動産や自動車など単純に分割できないものもあります。その場合は分割できない財産を一方が所持し、相手に金銭を支払う方法や売却してお金に変えて分割する方法などがあります。
どのような形で財産分与がされるかの取り決めがなされたら内容を文書にして残すことが一般的です。特に離婚時の一括精算ではなく、分割払いが含まれる場合は公正証書を作成するのが良いでしょう。将来支払いが滞ったとしても強制的に差し押さえが可能です。
当事者の協議によって決まらない場合には離婚調停、離婚訴訟など裁判所を通して決めることになります。寿司