最近の投稿

不法行為とは具体的にどのようなもの?

民法第709条において、不法行為に基づく損害賠償責任が定められています。

 

不法行為と違法行為の違いがよくわからないという人が少なくありませんが、違法行為は読んで字のごとく法律に違反する行為のことを指します。一方、不法行為の概念はもう少し広く、法律に反しているかどうかに関わらず、故意または過失によって他人の権利もしくは法律上保護されている利益を侵害する行為だとされています。

 

簡単に言ってしまうと、本来であれば得られたはずの利益が得られなくなり、何らかの損害が発生した場合ということになるのですが、その利益の損害を起こした張本人に対して被害者から損害賠償請求することが認められています。ただし、利益の損害と言ってもあまりにも漠然としていてわかりにくいという人がかなりいます。わかりやすい例をあげるとすれば、夫婦の一方が浮気した場合をあげることができます。

 

民法第770条には法定離婚事由が列挙されています。その中に離婚請求が認められる理由の一つとして「配偶者に不貞な行為があった時」という一文があります。それを根拠として、夫婦には互いに貞操義務があり、その義務違反を犯した場合には、離婚されても仕方がないし、損害賠償責任も負うことになると考えられているのです。一口で言うと、結婚していながら浮気や不倫をしていると不貞行為にあたります。

 

本人にはちょっとした火遊びのつもりしかなかったとしても、法的にかなり重い責任が負わされることになっていますので、注意する必要があります。

Comments are closed.