最近の投稿

行政上の責任とは?医師資格がはく奪されるとき

医療ミスが起きてしまうと新聞をはじめテレビなどのマスコミに大きく取り上げられます。
総合病院や大学病院という大きな組織であっても計り知れないダメージを受けるものの、開業医であるのなら閉鎖しなければならないほどです。
免許の停止が行われたり医者として世間から非難されてしまうというのは辛く苦しいものの、こうした非難は社会的責任や行政責任が追求されることであり、法に則った場合民事責任をはじめ刑事責任や行政責任が問われることとなるのです。
通常は、こうした法により適正な裁判が行われ裁かれるものの医療事故には医療機関が責任を負う必要がないグレーゾーンと呼ばれるものがあります。
医療行為は、治療中に患者の様子が急変してしまい命を落としてしまうということは避けられないのです。
どれほど優秀な医者であっても最も避けるべき事態を回避することは不可能である上に最善の方法をとっても免れないという行為なのです。
こうした点を考慮し、裁判所で出される判決というのは資格を剥奪したり免許の停止という医者の存在を根本から否定するようなものにはなりにくいです。
ただし、違法な事柄など命を救うことを根本として行っていない場合は免許の停止なども行われます。野菜02

Comments are closed.