最近の投稿

医療ミス!逮捕の決め手となる証拠

医療ミスとは、医療行為における判断の誤りや間違いのことを言います。事故の誰のミスや怠惰によって起こったのではなく不可抗力で起こってしまった場合と、人為的なミスや怠惰によって起こってしまった場合のミスがあります。
医療ミスの原因はさまざまなですが、一般的に多いのが医学知識の不足や最新医療の立ち遅れなどからの誤診が多いとされます。
ほとんどの場合が患者のクレームによって医療紛争は始まります。そのなかで本当に医療ミスが合ったのかどうかを調べるために、手術中の麻酔記録や手術記事、術中の動画、看護記録などが、術後管理が問題な場合にはバイタル記録や検査データなどを証拠として入手する必要があります。
これらの動画や記録をその病院とは関係のない第三者である医療従事者に問題は無いか調べてもらいます。
医療ミスによっては、刑罰法規に規定される犯罪を行なったために逮捕されてしまうケースもあります。医師法によって医事に関して犯罪が合った場合や医師の品位を損ねた場合など不正行為があったときは場合によって戒告や免許の取り消しなどの処分を受けてしまう可能性もあるのです。
ただし、処分を受ける医療側には弁解の機会が与えられています。

Comments are closed.