最近の投稿

医療訴訟とは?異議申し立てはできるの?

医療の現場で事故が起こったときには、民事裁判にかぎらず、業務上過失致死罪が問われ刑事裁判となったり、行政上の処分が下されそれをめぐって行政事件裁判が行なわれることもありえます。ですが実際に多いのは民事裁判ですし、「医療訴訟」ないし「医療過誤訴訟」というとき、中心として語られるのは民事裁判となっています。
つまり、医療訴訟というのは医療に関する事件についての民事訴訟のことであって、医療訴訟というなにか特別な手続法があるわけではありません。
医療訴訟は、医師の説明義務、診断・治療ミス、医師の行為と事故との因果関係などが争われてきましたが、その件数の増加と裁判の複雑化、長期化が問題となっていました。
医師や病院側と患者側とでは、そもそもカルテ等情報の所在がいっぽうに偏っていること、医療という情報の専門性から患者側のみでなく裁判所も争点の理解が難しいということ、鑑定が採用される事件が多いにもかかわらず適切な鑑定人が見つからなかったり、鑑定人が見つかっても多忙のため鑑定書の提出に時間がかかったりすること、など医療に関する訴訟であるがゆえの困難さがありました。
現在、東京、大阪など都市部の地方裁判所の民事部では、医療訴訟を特定の裁判部が専門で担当・審理するようになっています(医療集中部ないし医事部)。そこでは、争点整理手続における工夫、鑑定手続の改善などさまざまな取り組みがされています。赤トウガラシ

Comments are closed.