最近の投稿

家事調停の流れと手順について知っておこう

家事調停は、家族および親族間のいさかいを解決するためのものです。持ち込まれる問題は複雑かつ微妙で感情のもつれがあることも多いために、調停は非公開で行われ、双方の合意のもとに解決されるよう取り計らわれます。家事調停の流れとして、まず家庭裁判所に申し立てをします。申し立ての際には必要事項を記入した申立書のほか、申し立て費用、戸籍謄本などを用意しましょう。申立費用は、調停1件につき収入印紙1200円です。これに郵便切手代がかかります。後日、裁判所から調停期日の呼出があります。日時を間違えず、必ず出席しましょう。当日は裁判官と二人の調停委員が調停にあたります。調停委員は公平中立な立場の第三者から選任されます。一回で解決しなかった場合は、後日、再度の調停が行われます。双方が合意し問題が決着すると調停成立です。合意の内容が記された調停調書が作成され、調停は終了します。合意に至らない場合は調停不成立となります。調停不成立のときには、裁判官が審判で決めたり、訴訟に切り替わったりと、ケースによってその後の流れは変ってきます。調停調書の内容は確定判決と同一の効力があり、その内容が実行されないときには、強制執行手続きを取ることができます。

Comments are closed.