最近の投稿

契約締結上の過失に基づく責任とは何か

これは、契約締結に至るまでの間に、当事者の一方による帰責事由によって相手方が損害を被った際に、責めを負う当事者は相手方に損害賠償するべきという理論です。

たとえば、AがB所有の別荘を買うという売買契約を締結する前日に、Bの過失による失火によって別荘を全焼してしまったとします。この場合、別荘が存在しないわけですから、原始的不能を目的とする契約となって無効となり、契約に効力が生じないことになります。

しかし、そうだとすると、Aが別荘を下見する際の交通費用や別荘を購入するために融資を受けていた場合の利息などにつき、Bに損害賠償請求できないことになり、不都合です。トマト

そこで、このように契約締結に向けて、当事者相互に特別の信頼関係が生じた場合には、信義誠実の原則を適用し、果たすべき注意義務を怠るなどして相手方に損害を与えた場合には、損害賠償責任を負わなければならないということいなるのです。上記の例で言えば、BはAに対して損害賠償責任を負うということになります。

ちなみに、この類型としては、契約無効型、交渉破棄型、不当表示型があります。また、学説によっては、さらに、保護義務違反型や積極的加害型をあげる見解もあります。

Comments are closed.