最近の投稿

共有財産の範囲って?

離婚の際行われる財産分与で問題になることが多いのは共有財産の分与についてです。夫婦の共有財産とは婚姻中に協力して築いた財産のことで、家具や家など婚姻中に所有した物があたります。どちらか片方の名義になっているものでも婚姻中に協力して所有・維持していたと判断されれば共有財産です。ですので夫名義の車や妻名義の口座、生命保険、退職金なども含まれます。妻が専業主婦で無収入であった場合でも、家事育児、夫の世話など、夫が働いて収入を得る為の協力関係にあったと考えられます。婚姻前から所有していた財産は特有財産となり、分与の対象にはなりません。また婚姻中に所有したものでも、夫婦の協力なく取得したものは特有財産となります。ですので婚姻中の相続で得た金銭、不動産などは特有財産です。株取引やFX、ギャンブルなど個人の才覚で築いた財産も夫婦の協力は関係ありませんので特有財産となります。マイナスの財産についても同じ考え方で、マイホームのローンは分与の対象となりますが、個人的なギャンブルでの借金は対象にはなりません。婚姻中であったとしても別居した場合は夫婦の協力部分がなくなる為、別居中に所有したものについては共有財産にはなりません。つまり、婚姻中であること、夫婦が協力した結果であることが共有財産か否かの重要な判断基準となるのです。赤かぶ02

Comments are closed.