最近の投稿

民事調停|「解決すること」と「解決しないこと」

民事における問題が発生し、当事者間での話し合いや交渉で折り合いがつかない場合や、当事者の間に第三者を入れて話し合いたい場合には、簡易裁判所において民事調停の申し立てを行うことが出来ます。民事調停は当事者の誰でも申し立てることが可能です。調停の内容としては、借金の支払いについての調停、離婚についての調停、遺産分割協議についての調停など様々です。民事調停は、あくまでも話し合いですので、申し立てられたからといって必ず応じなければならないというような義務はありません。また、調停により解決することもあれば、合意に至らず調停不成立に終わることもあります。成立するか成立しないかは、調停に持ち込まれた問題の内容にもよります。裁判所としては裁判の前にまず調停による当事者間の話し合いを勧める場合が多く、離婚などのように調停を経なければ裁判に移行できないようなものもあります。調停はあくまでも『当事者間の話し合い』ではありますが、調停で決定した事項は裁判における判決と同じく法的な効力を有することになりますので、必ず履行しなければなりません。履行しない相手に対しては履行勧告や履行命令の申出、強制執行を行うことが出来ます。紫たまねぎ

Comments are closed.