最近の投稿

民事調停の利点とは?

民事調停とは民事に関わる争いごとを解決する代表的な方法の1つで、裁判のように勝ち負けで解決を図るのではなく、話し合いによりお互いが合意することで解決を図る手続きのことをいいます。例としては、金銭の貸し借りや物の売買をめぐる争いごと、交通事故をめぐる争いごとなどが挙げられます。法律に縛られることなく、当事者同士が話し合い、お互いが譲り合って解決することを目的としているので、実情に合った円満な解決が望めます。また法律に詳しくない人でも簡単に手続きが行え、簡易裁判所にある申立用紙に必要事項を記入するだけで申立てを行うことができます。調停は非公開の席で行い、裁判のように傍聴されることがないので、第三者に知られたくない場合でも安心して利用することができ、解決までの時間も比較的短くてすみます。訴訟に比べて費用が安くてすむということも大きな利点でしょう。さらに、話し合いのうえでの解決であるため、相手方の任意の履行が期待できるというメリットもあります。また、当事者間で合意が得られ、調停が成立すれば訴訟の判決と同じ効力を持つので、相手方が履行しない場合でも調停の内容に基づいて強制執行を行うことができます。魚介02

Comments are closed.