最近の投稿

離婚の種類と財産の正しい分け方

離婚には、四つの種類があります。
一つ目は、「協議離婚」。
離婚するかどうかを、夫婦で話し合います。
慰謝料の金額や、どちらが親権を取るかということなども、すべて話し合いで決めます。
日本においては、最も一般的な方法です。
二つ目は、「調停離婚」。
調停委員が間に入り、話し合いを行います。
場所は、家庭裁判所です。
夫婦だけでは話し合いがまとまらない場合に、行われる方法です。
三つ目は、「審判離婚」。
二つ目の方法でも話し合いがまとまらない場合に、家庭裁判所が審判して離婚させるという方法です。
ただし、当事者から異議申し立てがなされると無効になるので、あまり行われるケースはありません。
四つ目は、「裁判離婚」。
これまでの方法で話し合いがまとまらなければ、裁判を起こすことになります。
場所は、地方裁判所です。
そして、いずれの場合においても、離婚したら財産分与を行うことになります。
最も簡単なのは、協議して決めるという方法です。
どのような分け方でも、お互いが納得すれば問題ないからです。
ただし、それなりに財産がある夫婦の場合、対象となる財産をすべて把握できていなかったり、計算の仕方を誤ってしまうこともあるので、弁護士に頼むのが確実といえます。青トウガラシ

Comments are closed.