最近の投稿

離婚と財産分与、婚姻中の財産の分け方

離婚する時に婚姻中に夫婦で築き上げた財産をそれぞれの貢献度に応じて分配することを財産分与と言います。財産分与をする時には、まず対象となる財産を確定します。対象となる財産は共同生活中に夫婦の協力のもとに築かれた財産で、独身時代や別居中に得た財産や夫婦の協力とは無関係に得た財産は含まれません。
対象となる財産が確定したら分配の割合を決めます。原則的にはお互いに2分の1ずつとなりますが、財産の形成や維持に対しての貢献度も考慮されるので必ずしも2分の1ずつとは限りません。また、当事者同士の話し合いで双方の合意があれば割合を自由に取り決めることができます。ただし、対象となる財産がたくさんある場合は算出方法も複雑になるため弁護士など専門家に依頼することが必要になるケースもあります。
財産には不動産や自動車など単純に分割できないものもあります。その場合は分割できない財産を一方が所持し、相手に金銭を支払う方法や売却してお金に変えて分割する方法などがあります。
どのような形で財産分与がされるかの取り決めがなされたら内容を文書にして残すことが一般的です。特に離婚時の一括精算ではなく、分割払いが含まれる場合は公正証書を作成するのが良いでしょう。将来支払いが滞ったとしても強制的に差し押さえが可能です。
当事者の協議によって決まらない場合には離婚調停、離婚訴訟など裁判所を通して決めることになります。寿司

Comments are closed.