最近の投稿

立証するのは難しい?手術費の返済と医療過誤訴訟

病院での医療行為において最大のリスクを伴うのが実際に体内の悪い部分を切り取る手術であり、少し切るだけの軽い手術であっても術中に何らかの不具合というのが起こるというのは避けられないものです。しかし手術の失敗の中で、通常起こるリスクとは関係のない医師のミスによって引き起こされる場合には医療ミスとして裁判にかけることができます。しかし実際に裁判にかけたとしても、其の勝率はどんな裁判よりも低いことはあまり知られていないことです。医療過誤の裁判で勝てないのには、医療行為というのは専門知識が細部にまで広がっていることです。その医療行為の中で弁護士が医学知識を持っていないことで実際に行った部分でどこが悪かったのかを知らなければ、その専門知識を有している医療の人間に上手く言いくるめられることで勝率が下がるのです。そして近年では手術をする際に、手術室という密室空間で何が行われているかを録画したりまた文章で作業工程を記録する医者がいます。その医者が医療過誤を下側に回らないように、即座に行動し協力医として裁判の証言をしてもらわないと立証することが難しいのです。これらの要因が積み重なると立証するのは難しいとされている医療過誤です。

Comments are closed.