最近の投稿

裁判と呼び出し期日

裁判に原告として出廷するという場合、当然前もって準備をすることが出来ますが、被告として出廷する場合はいきなり呼び出されることになるので、出廷出来ない可能性が出てきます。勿論、いきなり呼び出されると言っても、だいたい一ヶ月程度前ぐらいで審判の前日に郵便が送られてくるということはありませんが、一ヶ月ぐらいだと出廷が求められる日に既に予定を入れているという可能性が出てきます。
こういう場合、予定をキャンセルして出廷することになりますが、どうしても外せない用事があって期日に出廷出来ない場合は、答弁書だけを送るという方法もあります。たとえば、借りたお金を返済出来ずに訴えられてしまったという場合、答弁書に債権者への謝罪と共に、現在の生活状況などを説明して、分割であれば返済出来るといったことを書いたものを送るわけです。答弁書を出すことによって、実際に出廷して話したことと一緒になるので、欠席しても問題がなくなります。
行けないからと言って呼び出しを受けても何もしないと、原告が求めていることはすべて通ってしまうので、後からそれはおかしいと言ってもどうにもなりません。なので、出廷出来ない場合は必ず期日前に答弁書を出しましょう。

Comments are closed.