最近の投稿

精神的苦痛に対しての慰謝料的財産分与

財産分与にはその性質に応じて三つに分類できます。夫婦の共有財産について、その財産を得た時の夫婦それぞれの貢献度を考慮して分け合うことを生産的財産分与と言いますが、一般的な財産分与という意味で用いられるのはこれでしょう。他にも専業主婦や病気の人など離婚後の生活の立て直しが困難な状態にある相手を扶養するための財産分与もあります。精神的な苦痛に対して相手から慰謝料としての意味合いも含んで支払われるのは慰謝料的財産分与と言います。
本来なら慰謝料と財産分与は性質が全く異なるものですから、それぞれを独立させて考えてどれくらいの琴線を勝ち取れるかが争点となりますが、結局のところどちらも金銭が求められるものですから調停の場などではこれらを合算してまとめて支払いを求める場合があります。
財産分与の割合は貢献度に応じて決まるとされてはいるものの、専業主婦であっても家事や子育てなどで貢献してきたのですからその点が考慮されますから、不利になることはありません。特殊なケースを除いては、基本は半分に分割ということになります。慰謝料や財産分与で払う金額の相場についてですが、400万円以下や200万円以下というパターンが多い傾向にあるようです。赤かぶ01

Comments are closed.