最近の投稿

支払督促手続とは

支払督促手続とは、一定の種類の金銭債権(給料・家賃など)について、訴訟を経ることなく相手に支払わせるという制度です。
金銭を支払わせるのが目的という点では少額訴訟と同じですが、こちらは金額に制限がないというのが大きな違いです。
この制度には、「書類だけで審査が行われるので、証拠調べなどの手間がかからない」「通常訴訟と比べて、手数料が安い(半分で済む)」などの利点があります。
一方、「相手の住所に書類を送るため、住所を知っている必要がある」「異議申し立てがなされると、通常訴訟に移らなくてはならない」という難点もあります。
実際に行う場合の流れは、以下のようになります。
まず、簡易裁判所に、申立書を出します。
審査して内容に問題がなければ、裁判所から支払督促が行われます。
2週間以内に異議申し立てがなく、支払いもない場合は、強制執行することになります。
強制執行の前段階として、「仮執行宣言」の申し立てを行います。
これも裁判所が審査して、内容が適正であれば「仮執行宣言付支払督促」が送られることになります。
これには判決と同等の効力があるので、即座に強制執行することが可能です。
相手が強制執行を止めようと思ったら、停止の申し立てをするしかありません。

Comments are closed.