最近の投稿

支払督促を受けるケース

個人や金融業者からお金を借りる場合、念書や契約書を交わすというのが一般的です。たとえば、毎月いくら返済するということを書いたり、あるいは返済出来ない場合はどうするといったことを書いて、お互いに持っておくわけです。
ただ、返済は必ず予定通りに行くものではありません。たとえば、働いていた会社を解雇されてしまったとしたら、収入源がなくなってしまうので返済も出来なくなってしまうわけです。では、そういう場合、債権者にどのような対応をされるのかというと、債権者がいきなり家に来て、お金になりそうなものを根こそぎ持っていかれるということはあり得ません。というのは、債権者はいくら債務者にお金を返済してもらえないとはいえ、司法手続きをせずに債務者の所有物を持っていくということは法律違反になるからです。
なので、司法手続きとして、支払督促を送ってくる可能性があります。これは、債権者が普通郵便で送ってくる督促とは違い、裁判所を通じて送ってくるものです。いきなり裁判をしてくるという場合もありますが、督促であれば裁判よりもお金や手間がかからず、また、債務者が裁判所から送られた督促を無視すれば、最終的に差し押さえをすることが可能になるからです。

Comments are closed.