最近の投稿

司法権が裁判所に帰属するということ

日本国憲法において、司法権は裁判所に帰属しています。日本は三権分立といって、行政権・立法権・司法権をそれぞれ分かれた機関が担い、そしてそれぞれの機関が相互に監視することによって民主社会を達成しようとする制度をとっています。裁判所が司法権を担うことによって、裁判所はあらゆる法律や条例について、憲法の規定に違反していないかどうかを判断します。ここでポイントなのは、立法権を担う国会を構成する国会議員は、選挙で選ばれるため国民の意見が反映されます。また行政権を担う内閣も、議院内閣制や内閣不信任決議などを通して、国民の意見が反映されることになります。こうして、行政権や立法権が行き過ぎた行動をした場合には、民主的なコントロールをすることができるのです。では、司法権の場合はどうでしょうか。裁判官は司法試験に合格すればなれるので、選挙とは無関係です。さらに、不信任決議もありません。しかし、法律の番人の裁判所といえども、行き過ぎた行動をするかもしれません。そこで司法権に民主的なコントロールを及ぼそうとするのが、「最高裁判所国民審査」です。これは裁判官の判断に、国民が支持するか否かを問う制度です。これによって、司法権の行き過ぎを防ごうとしているのです。衆議院選挙の際に、並行して何気無く行われる国民審査ですが、民主的なコントロールを及ぼすことができる唯一の重要な制度です。}PgžxQ

Comments are closed.