最近の投稿

使用者責任とは何か

使用者責任は民法に関連した事項です。責任無能力者の監督者責任と動物占有者の責任も民法と深い関係にあります。

 

国家賠償責任は行政法と関係が深いです。民法と行政法は行政書士の資格試験で得点源にしておくと良いです。これから使用者責任について事例を挙げて述べます。店を経営するAの使用人Bが業務中に車を運転していましたが、歩行者のCに車をぶつけてしまい負傷させてしまいました。この場合、Bの行為は不法行為に当たり、B自身は損害賠償責任を負います。

 

しかし、BはAが経営する店の仕事をしている時にCにけがをさせているため、Bの行為によって利益を得ているAもCに対して賠償責任を負う必要があるのです。動物占有者の責任は土地工作物責任と異なり、動物を占有していない所有者には及びません。これは、動物が加害行為をした時には直接これを止められる者に責任を負わせるのが妥当との趣旨によるものです。スイーツ01

 

国会賠償責任は基本的には行政法の分野である国家賠償法が関わってきますが、公権力の行使に該当しない国・地方公共団体の私経済活動に基づく損害は国家賠償法1条ではなく、民法709条以下の規定が適用される可能性があります。複数の私立大学では低廉な学費で法律を学べる通信教育を実施しています。

Comments are closed.