最近の投稿

「訴訟」と「調停」は同じこと?

民事紛争の代表的な解決方法は、当事者以外の第三者である裁判官が双方の言い分を聞いて証拠を調べた上で法律的判断をし強制的に紛争を解決する裁判です。
その他に当事者同士が話し合いお互いが譲り合って紛争の解決を図る裁判外紛争解決手続きの調停があります。
裁判との大きな違いは、調停委員の存在と必ずしも法律にしばられないということです。
通常簡易裁判所で行われ、手続きは非公開で行われます。
期間も短く、申立手数料も裁判よりは安くすみます。
裁判所には頼りますがあくまでも話し合いによる合意を目指すため、双方が妥協できない場合には紛争解決に至ることは難しくなります。
合意した場合は判決と同様の効力を持ち強制力があるため、これを拒否したり不服の申し立てはできません。
既に合意が成立しているため、裁判の判決に比べ相手方の任意の履行が期待できるメリットもあります。
調停委員は裁判官1名と有識者2名で構成されており、有識者には各分野の専門家だけではなく弁護士が含まれることもあります。
当事者双方の言い分を平等に聞き、お互いの歩み寄りを手助けし合意に導くという役割を担います。
いきなり訴訟を起こすとかえってこじれてしまう恐れがあったり、当事者だけで話し合うと感情的になってまとまらない人や裁判をためらう方によい制度です。

Comments are closed.