最近の投稿

借金返済に困ったときも調停で話し合うことができる

債務の返済が滞ると、サラ金はこのままだと法的手段を取る、つまり裁判を起こすと脅しをかけてくることがありますが、裁判自体はそれほど怖いものではありません。訴えられてしまった場合のリスクとしては、民事裁判も公開されるので、サラ金にお金を返さなかったという内容の裁判を他人に見られてしまうということと、サラ金に債務名義を取られるので、後々、差し押さえをされることがあるというぐらいです。
むしろ、裁判にしてもらった方が、矢のような督促がなくなる上に、調停で和解できる可能性があるので助かる可能性も高いです。調停とはどのようなものかというと、裁判所の法廷とは別にある部屋で、調停委員を交えて和解の可能性を探る話し合いです。裁判を起こす前までは強硬に一括返済を求めていたサラ金であっても、調停では分割返済に応じることも少なくありません。
なので、債務者は現在の生活状況などを正確に言いましょう。調停委員が、これはとてもではないが、一括返済など不可能だなと判断すれば、債権者側に和解するように言ってくれます。分割で返すことが認められた場合は、生活に支障を来さない金額を希望額として伝えるようにしましょう。債権者に申し訳ないという気持ちで無理な額を提示してしまうと、途中で返せなくなってしまう可能性が高いからです。栗

Comments are closed.