最近の投稿

債務不履行と不法行為の違い

契約関係にある当事者間で、契約どおりに債務が履行されなかった場合、債務不履行責任(415条)が生じます。さくらんぼ

 

加えて、民法709条の要件(故意・過失、権利等侵害、損害、因果関係)も充たす場合には、不法行為責任も生じます。これらは請求権競合の関係にあり、訴訟を提起する者は、状況に応じて有利な方を選ぶことになります。まず異なる点として、消滅時効の期間、起算点が挙げられます。債務不履行責任の方が長く、権利行使が可能となったときから原則10年とされています(民法167条1項)。

 

これに対して、不法行為責任では、損害及び加害者を知ったときから3年とされています(724条)。多忙などで訴訟提起が遅れてしまった場合には、709条に基づく請求は認められませんので、415条によって請求することになります。第2に、過失相殺が必要的か裁量的かが異なります。債務不履行責任では、契約を締結するにあたってあらかじめリスク計算ができることから、過失相殺が必要的とされています(418条)。

 

418条の文末が「定める」とされているのに対して、722条では「定めることができる」と規定されています。このため、709条に基づき請求する場合には、過失相殺は裁量的といわれています。この違いは、債権者よりも被害者を厚く保護すべきと考えられたことによります。このほかにも、両者には相違点がありますので、請求するときには、場面に応じて使い分けましょう。

Comments are closed.