最近の投稿

特定調停について

特定調停とは、裁判所を介した任意整理のことです。
「支払ができないわけではないが、いずれ行き詰まることが明白である」という状況の人を救済するため、平成12年2月から施行されました。
これを利用するには、「利息制限法で計算し直した債務を3年以内に返せるか」ということがポイントとなります。
任意整理と似ていますが、そちらは債務者(代理人である弁護士なども含む)と債権者が直接交渉するのに対し、こちらは裁判所が両者の間に入って交渉を進めて行くという所が大きな違いです。
交渉がまとまれば、「調停証書」が作られます。
調停証書には、判決と同等の効力があるので、それ以後に返済が滞ったりすると、債権者は裁判を起こすことなく強制執行することが可能です。
この制度には、「費用が安い」「法律の知識はあまり要求されない」「他の制度よりも時間がかからない」「利息制限法で計算し直すのが簡単」「手続きを進めている時に強制執行されても、停止することができる」などの利点があります。
一方、「ブラックリストに名前が記載されてしまう」「債権者一人一人と交渉しなければならない」「話し合いに応じない債権者に対しては、あまり効果がない」などの難点もあります。ピーマン01

Comments are closed.