最近の投稿

特定調停の利点とは?

債務者が特定調停の手続によるメリットはどこにあるのでしょうか。
まず第一に、利息制限法を適用して債務を引き直し計算することで、債務者の借金返済額を減らすことができます。
第二に、費用が安く、かつ簡便・迅速に行なうことができます。特定調停手続きは法的な倒産処理手続と私的な任意整理手続の中間的な手続としてつくられたものだからです。
第三に、債権者が多数いる場合に管轄を厳密なものとせず、柔軟に一括して手続が行なえるようになっています。多数が当事者となる借金問題を一括して解決できることになります。
第四に、裁判所が手続に関与することによって、手続が透明で公正になることが期待できます。
第五に、自己破産をした場合には一時的に一定の資格や職業に就くことができなくなるという制限がありますが、特定調停では、その手続をとったからといって資格や職業の制限を受けることはありません。
第六に、一定の場合、申し立てをすることによって、手続が終了するまで債権者が執行手続をしないように、裁判所に命じてもらうことができます。
第7に、特定調停手続で債権者と債務者が合意をして、その内容を調書に記載すると、調書の内容は確定判決と同様の効力を持ちます。債権者は調書の内容に反する請求ができなくなります。

Comments are closed.