最近の投稿

財産分与の対象にならない財産や相続について

一組の夫婦が離婚することになると、法的に二人の関係を整理することになります。財産分与を行う場合も、すんなりと行けばいいのですが、分ける側ももらう側もいかに自分に優位に事を運ぶかに重点を置いていますからもめやすいところです。スムーズに財産分与を行うためにはどの財産が分与の対象になって、どのようなものが対象外になるかを知ることです。財産分与の対象から法的に外れた財産を特有財産と呼びます。
財産分与の対象はあくまで婚姻期間中のものに限られますから、独身時代から貯金してきたお金や、自分で買った車などは当然対象外です。これはシンプルで分かりやすいのですが、婚姻中に増えた財産にも特有財産に認定される例外があることを覚えておかないと、本来分けなくてもいいものを与えてしまうことになるかもしれません。
婚姻期間中でも夫婦のどちらかにしか関係のない、相手がその財産を取得した時に配偶者の協力がなかったものが特有財産となります。どんなものかといいますと、例えば婚姻期間中に配偶者の親族が亡くなったことで土地や預金などの遺産を相続した場合、これが特有財産として認定されます。
ギャンブルで得た借金のような負の財産の場合は、これで生活をしていたなどの特殊な場合以外は故人が娯楽としてやったことですから、分与の対象外になります。

Comments are closed.