最近の投稿

財産分与の対象になる財産は婚姻中の財産

財産分与のルールを知らない人が勘違いしやすいのが夫婦の財産をすべて配分できるということです。それでは独身時代に構築した財産まで持っていかれることになって不利益になってしまいますから、あくまでも対象は婚姻期間中の財産が対象になります。ただ、婚姻中に相手が親族から相続した遺産などはこれには含まれません。婚姻期間中に夫婦が協力して得た財産のみが対象です。
財産分与では婚姻中に買った車やマイホーム、マンションなども分割することになります。現金と違って単純に分けることができませんから、どうやって分配するかは個々のケースでも結果が分かれますから、当人同士ですべてまとめようとするよりも離婚問題に強い法律事務所に相談した方が迅速で公正な結果になりやすいです。
財産分与が決まった場合、その場でまとめて支払う場合とこれから長期間にわたって分割で払う場合を選択します。分割の場合は離婚成立してから支払いが滞ったというトラブルも少なくないので、できる限り一括で払ってもらう方が後々のことを考えるといいのかもしれません。相手の借金などのマイナスの財産ですが、個人で遊ぶためなどに借り入れたものであるなら分与されません。僧ではない場合は、プラスの財産から差し引いて相殺される分だけぶにょされることになります。

Comments are closed.