最近の投稿

財産分与の事項と税金について

離婚に伴って財産分与の問題が発生しますが、対象となる財産の算出に時間がかかる場合は、専門家に相談することが確実な方法となります。財産分与の取り決めに関しては請求期間の制限があるので、公正証書等の文書にし、弁護士等を立会人として定めるのが一般的だと言えます。財産分与の方法には、相手に金銭で払ったり、現物分与するやり方がありますが、支払いの滞り等を防止するためにも公正証書の作成が重要になるわけです。当事者間で財産分与の話し合いがつかなければ、離婚訴訟等の裁判手続きに移行することになるので、予め離婚問題に詳しい弁護士の情報を集めておくのが良いでしょう。
財産分与における贈与税に関しては、基本的に納税の義務はありません。元々は、夫婦共有の財産であったわけで、新たな取得財産とは認められいからです。同様に、不動産に関しても財産分与された不動産は、不動産取得税などが発生することは無いのが通例です。それでも、分与される財産が相場に比して、明らかに多すぎる場合には例外的に税金がかかる場合があります。そうした問題があるので、豊富な財産がある場合は、財産分与に詳しい専門家のアドバイスを受けることが望ましいわけです。

Comments are closed.