最近の投稿

財産や遺産で揉めた時はどうすれば良い?

財産の相続で揉めるケースが増えており、特に一人あたり数百万円程度の比較的低い額で問題になるケースが年々増加しています。その場合、まず相続の手続きを順序どおり行うことが大切です。まず遺言書があるかどうかを確認します。遺言書は自筆証書遺言が自宅などにある場合と、公証人役場で作った公正証書遺言がある場合があり、遺言書がある場合は遺言相続、遺言書がない場合は法定相続になります。そして遺産・相続財産を確認したうえで相続人を確定します。その後相続の取り分を確認になりますが、法定相続分は遺言によって修正されるうえ、生前贈与、たとえば家や車の購入や結婚資金などで多額の援助があった場合、逆に生前に寄与者として生前に多額の医療費を負担したり療養看護をおこなうなど、財産の維持や増加に貢献した場合も法定相続分が修正されます。その際相続税を考慮する必要があり、相続税の申告方法が分からないようであれば、早期に税理士に相談することでトラブルが回避できます。しかしどうしても遺産分割が出来ない場合は、家庭裁判所の遺産分割の調停や審判の手続制度を利用することができます。調停とは相続人の1人または何人かが他の相続人全員を相手方として申し立てる制度で、当事者から事情を聴いたり資料や遺産の確認を行ったうえで各当事者の意向を聴取し、必要な助言をして解決案を提示したりしながら話し合いが進められます。費用は被相続人1人につき収入印紙1200円分(別途連絡用の郵便切手が必要)です。裁判所での調停が不成立になった場合は審判手続が開始され、裁判官が審判をすることになります。

Comments are closed.