最近の投稿

重要なのは、司法権の独立

国の運営が正しく行われるためには、司法権の独立が欠かせません。司法権の独立とは、2つの意味を指すことがあります。まず一つは、裁判を行う司法府が、どの権力からも独立して行動できるということです。二つめは、裁判官が、どのような権力にも左右されず、自分の良心にのみ従って、判決を決めることをいいます。こうした原則が守られないと、裁判が権力者の有利なように利用されたり、また、事実と異なる判決が言い渡されたりすることになります。だから、司法権の独立とは非常に大切なことなのです。
日本では、裁判は三審制が導入されています。最初の裁判は地方裁判所です。地方裁判所で決着がつかない場合は高等裁判所になります。高等裁判所でも、決着がつかない場合は最高裁判所で争議を行うことになります。こうした三段階の裁判制度を三審制と呼ぶのです。また、日本では、憲法により、法律や行政処分が違憲ではないかということを、裁判所で争議できる権限を裁判所に与えています。だから、裁判所をさして、憲法の番人と呼ぶことがあります。また、最高裁判所は、違憲かどうかを最終的に決める権利を持っています。だから、日本の司法制度のなかで、一番権力を持っているところが、最高裁判所なのです。

Comments are closed.